ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

ラフウェアとは、アウトドア系の犬用品を取り扱っている海外ブランドです。

我が家でもラフウェア製品を愛用しているのですが、今回はそのうちの1つ「リーシュ」について紹介します。

ラフウェアのリーシュは全部で7種類

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

ラフウェア製品はリーシュだけでも7種類もあります。

それぞれ機能や用途が異なるのでラフウェアのリーシュは何種類か持っていても全く損はないです!

むしろシーン別で使い分けるというのが良いかもしれません。

7種類のリーシュについて画像付きで簡単に紹介します。

ローマー リーシュ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

こちらは伸び縮みするリーシュで、急に引っ張られた時の衝撃を緩和してくれます。

Lサイズですと長さが340cmもあるので、リーシュにしてはかなり長めですね。

クラッグ リーシュ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

こちらは我が家でも使用しているリーシュです。

持ち手の部分にはバックルが付いているので持ち手の輪っかを大きくしたりすることが容易です。

ラフウェア_クラッグリーシュ

また、ちょっと手を離したい時などもバックルを外して引っ掛けておくことができるのですごく便利です。

持ち手部分の輪っかを大きくすると腰に巻くこともできちゃいます。

手を完全にフリーにできるので、キャンプなど作業をするときに便利です。

こんな感じで木や

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

柵に繋いでおくことができます。

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

首輪と繋ぐ部分はこんな感じになっています。

ラフウェア_クラッグリーシュ

また、手元部分には袋などを挟んでおける隙間もあります。

ラフウェア_クラッグリーシュ

フラットアウトリーシュ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

フラットアウトリーシュはクラッグリーシュとほとんど同じですが、

1点異なるところは、クラッグリーシュは110cm〜180cmまでリーシュの長さを調整することができるのですが、

こちらは長さ調整はできないです。

ノット ア リーシュ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

スクリュータイプのカラビナが付いていて、リーシュ自体も強度が高い素材になっています。

ノット ア ロング

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

名前の通り短いリーシュで短引きとも言われるものです。

ノットアリーシュをそのまま短くしたリーシュです。

拾い食い癖やひっぱり癖があるワンちゃんにはこちらのタイプがオススメです。

パトローラーリーシュ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

長さは76〜120cmまで調整可能で、持ち手部分の一部が細くなっているので、

ドッグランなどでリードが不要なときはこんな感じにして襷掛けして置けるので便利です。

ジャスト ア シンチ

ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!

首輪とリーシュが一体化しているので装着が簡単です。

ラフウェアのクラッグリーシュを使ってみた感想

我が家ではクラッグリーシュを使っているので、

実際に使って良かったところとイマイチだった点について紹介します。

クラッグリーシュの良かったところ

1、持ち手が痛くない

ラフウェア_クラッグリーシュ

持ち手部分には柔らかいパッドが入っているので、

ワンちゃんに引っ張られても痛くないし疲れません。

2、長さ調整ができる

ラフウェア_クラッグリーシュ

110cm〜180cmまで長さ調整ができるので、ハイキングや公園や人が少ない場所では伸ばすことができるのが便利です。

3、持ち手部分のバックル

ラフウェア_クラッグリーシュ

持ち手部分にバックルが付いているので、ちょっとだけ手を離したい時などにとても便利です。

キャンプの時も木に巻き付けて使ってます。

クラッグリーシュのイマイチだった点

短く持つことができない

我が家のイヴは拾い癖があるのでリードをできるだけ短く持つようにしています。

しかしクラッグリーシュは一番短くても110cmまでしか短くならないので

短くしても通常のリーシュと同じくらいの長さにしかなりません。

また、リーシュの途中の部分を持とうとしても持ち手以外掴みやすい箇所はないので

結局持ち手の輪っかの部分を持つことになります。

短めのリーシュを使いたい人には向いていないです。

個人的ラフウェアリーシュの選び方

個人的なオススメの選び方は、以下の2つがあればいいかなと思います。

  1. 長さが短めのリーシュ
  2. 手持ち部分にバックルがついているリーシュ

なぜかというと、我が家のイヴは拾い食ひっぱり癖があります。

拾い癖とひっぱり癖を軽減するために、

普段の散歩や人混みの中に行くときには短めのリーシュ「ノットアリーシュ」を使い、

キャンプやハイキングなどに行くときはバックル付きのリーシュ「クラッグリーシュ」や「フラットアウトリーシュ」という感んじで使い分けると良いのかなと思います。

まとめ

ワンちゃん用のアウトドア用品を販売しているだけあって、

ラフウェアーのリーシュはとても使いやすいです。

我が家のように拾い食癖やひっぱり癖がなければ1種類のリーシュでも全く問題ないのかなと思いますが、

シーン別に2種類くらいあっても良いのかな?という感じです。

その他のオススメのラフウェア商品についてはこちらの記事でご紹介しています!

関連記事

登山に!キャンプに!犬用アウトドアブランド「ラフウェア」のオススメ商品4選!登山やキャンプにオススメのアウトドアブランドって何があるのかな?[word_balloon id="2" size="M" posi[…]

ラフウェアのリード、ハーネス、首輪は着用する愛犬
ラフウェアのリーシュは使いやすい!?実際に使ってみた感想とオススメの選び方をご紹介します!
最新情報をチェックしよう!